横山裕

横山裕、関西ジャニーズJr.出演の舞台演出に「この子らじゃなかったら成立せえへんなと」

「TVガイド」などのテレビ情報誌を発刊する東京ニュース通信社は、ハイグレードなグラビアと深掘りしたインタビューをフィーチャーしたビジュアルマガジン「TVガイドAlpha」の最新号「EPISODE BB」を2月21日に発売しました。

写真集のようなビッグサイズの判型が特徴的な「TVガイドAlpha」。アルファベットの頭文字(A〜Z)をテーマに、今の時代を象徴する旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、2016年11月に「A」から始まった本誌は、「Z」を経て2周目に突入。新たにスタートを切った「AA(ダブルエー)」(1月22日発売/表紙・山下智久)も好評を博した。そして2月21日、横山裕がカバーを飾る「BB(ダブルビー)」が発売された。

横山裕×Bloom 「”咲かせること”が、また自分の引き出しのひとつになる」

シリーズを通して初表紙となった横山は、「Bloom=咲く、咲かせる」をテーマに巻頭グラビアに登場。関ジャニ∞の活動、ドラマ、バラエティーと多くの土壌で咲き続けながら、同時に後輩をプロデュースするという、人を咲かせる挑戦にも全力投球中の横山。ロングインタビューでは、”咲く”ことと”咲かせる”ことはどう影響し合っているのか、自身が出演するドラマの現場や共演者から感じ取った刺激、演出する上での苦悩、後輩と接して再確認した自らの立ち位置などを交え、横山裕としてのビジョンを語る。

その中で、後輩との向き合い方についても。関西ジャニーズJr.の大橋和也、藤原丈一郎、末澤誠也、草間リチャード敬太が出演した舞台の演出は、自分が何かしてあげたい、引き出したいという思いよりも、「お互いプロとして一緒に仕事をしている感覚やった」と回想。「それぞれが必要で、一人一人のすごさがわかった。この子らじゃなかったら成立せえへんなと。だからこそプロとして向き合わんとなって思った」そうで、「人と人との掛け合わせで変わる面白さを感じた」と明かしている。

小山慶一郎×Bottom 「NEWSがなかったら、自信をもって戦えていない」
加藤シゲアキ×Ballade 「正直でいたいだけ。自分に嘘をつきたくない」
増田貴久×Become 「”自分らしく”は考えない、みんなで作るものだから」

2月から東海地方発の情報バラエティーでプレゼンターを務めることになった小山慶一郎。小気味いいトーク力と一瞬で人の心を開く”愛されキャラクター”を武器に、新たな活躍の場を広げる小山が、自身の根幹、支えとなるものについて語る。ソロの仕事でも”NEWSの小山慶一郎”として、常にグループのことを考える彼が大切にしていること、NEWSへの思いに迫る。また、加藤シゲアキには、メンバーを代表してNEWSのニューアルバム「STORY」の制作秘話を直撃。アーティスト、小説家として創作活動に多忙な加藤が、詞や言葉を紡ぐ際に意識していること、表現したい世界観、さらには自らの本音についても掘り下げていく。そして今年、バラエティーのレギュラーやドラマ主演など幅広い分野での活躍が目覚ましい増田貴久は、それぞれの場所における”役のなり方・自分のあり方”を見つめる。エンターテイナーとして様々な顔に切り替えていく中で、場に応じて人に合わせる佇まい、振る舞い方…増田が自然と積み重ねてきたものだという、その独自の感性に触れる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA