想いを継いで『天才!志村どうぶつ園』相葉雅紀くん“新園長”に就任

3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のため急逝した志村けん園長。

4月4日放送分は急きょ予定を変更し、2時間の追悼番組が放送されました。(4月2日収録)涙、そして笑顔でそれぞれ思いを語りました。

2004年に始まった『天才!志村どうぶつ園』ですが、相葉くんは当初パネラーとして登場しました。

 

後にMCの1人に昇格します。

相葉くんからのメッセージ

番組冒頭に番組出演陣を代表し、相葉くんからメッセージが流れました。

「志村さんが亡くなくなられたことは信じられませんし、受け止めきることができません。」

涙で言葉を詰まらせながらも思いを語りました。

「志村さんの優しい笑顔が頭から離れません。僕たちは志村さんに教えていただいたことが沢山あります。その一つみんなを笑顔に、志村さんが安心してお休みしていただけるように、今日みんなを笑顔にできるように頑張りたいと思います。」

と一礼し、VTRを中心に番組が始まりました。

お気づきになったでしょうか?

この番組の衣装はオーバーオールです。

相葉くんは志村園長のオーバーオールを着用していたのです。

これまでの相葉くんのは肩ひもが細いもの、色も違うので一目瞭然です。

動物の目線に合った行動を取り、スタジオに登場した動物も「動物の勘」が働くのでしょう、志村園長に懐きます。

カドリー・ドミニオンで可愛がっていたチンパンジーのパンくん、その子どもで「孫」と呼んでいたプリンちゃん、捨て犬だったチビもよく懐き、扱いが上手でした。

ロケでもその動物の特徴を活かした見せ方を工夫。

出演者や観客が動物を見やすいようセットの高さを工夫するよう指示しました。常に周りの事を考える人でした。

その人柄を惜しむように相葉くんや山瀬まみさん、出演陣は思い出話に花を咲かせていました。

志村園長から学んだこと

相葉くんが初めて任されるコーナーの前に志村園長からアドバイスを受けたことを明かしました。

打ち合わせ時間に遅刻し平謝りすると、志村さんは「大丈夫、今来たとこ」と声をかけたそうです。(恐らく待っていたと思われる)

ロケの台本を見せて説明をすると、志村さんは「相葉くん、君はこれで納得しているのか?」とチクリ。

「もっとこうしたほうが良くなるんじゃないか?って思っているならディレクターに言いなさい、でも、言ったのなら責任を持ちなさい。ディレクターのせいにしちゃだめだよ。」と助言をしてくれました。

台本通り・ディレクターに言われるがままでなく、自分が意見を出すことで少しでも番組が良くなるかもしれない。言いっぱなしではなく発言には責任が伴うこと。

自身が番組へ参加しているという意識を持つことに繋がるのではないでしょうか。

社会人として、芸能人としての心構えを教わったと思います。

また、嵐の相葉くんとして伸び悩んでいた時期もありました。

(嵐のメンバーの中で相葉くんだけが)芝居の仕事をなかなかもらえなかった時期があって、その時に志村さんから「焦るんじゃないよ。相葉君には『志村どうぶつ園』があるでしょ。ドラマは3カ月で終わるけど、『志村どうぶつ園』はずっと続くからね、俺が続かせるからね」と思いやりあふれる言葉をかけられたといい、涙。

現在は冠番組(相葉マナブ)や多くのCMを持つようにまでなりました。

この番組もレギュラー出演し、トリマーとしての腕を磨いています。

芝居の仕事も増え、単独MCの仕事も次々決まっています。

2011年から3年連続「ベストジーニスト一般選出部門男性1位」で6人目の殿堂入りを果たしています。(この番組のオーバーオールも一役買っていますよね)

そして新しい園長として出発する。

日本テレビから志村さんへの敬意をはらい、番組名はこのままとし“新園長”として飼育員でMCだった相葉雅紀くんが就任すると発表。

それが発表された上での追悼番組でしたが、オーバーオールに新園長としての「決意」を感じました。

16年お世話になった志村園長からバトンタッチし、相葉くんらしい『志村どうぶつ園』はどのような番組になっていくでしょうか?

「子どもに見せたい番組」に選ばれている番組です。

志村園長の意見をふんだんに取り入れた内容でしたが、新園長はその意思を継ぎつつも、新しい息を吹き込ませるでしょう。

この追悼番組を通じ、「涙なしでは見られなかった。志村さんの人柄が十分に伝わりました。他の皆さんが志村さんの石を引き継ぎ番組が継続されることが分かりとても嬉しい。」など様々な声が上がりました。

エンディングで相葉くんから「皆を笑顔にできるように頑張っていきます」と番組を結びました。